top

PUBLIC ARCHTECTURE

・2016 ナボタス避難ビル(フィリピン)
・2014 湘南キリスト教会(神奈川)
・2013 LAPIN(山梨)
・2010 代々木のオフィスビル(東京)
・2009 ほうとう不動(山梨)
・2010 本郷台チャーチスクール 保育園

PRIVATE HOUSE

・2019 LOVE2 HOUSE(東京)
・2017 小机の家(横浜)
・2016 バルコニーハウス(東京)
・2014 名古屋のコートハウス(名古屋)
・2014 HOUSE 119(神奈川)
・2014 スパイダーハウス(神奈川)
・2014 くねくねハウス(東京)
・2013 LAPIN(山梨)
・2012 屏風ヶ浦の家(横浜)
・2011 DAYLIGHT HOUSE(横浜)
・2011 川口邸(山梨)
・2010 ROOM ROOM(東京)
・2010 INSIDE OUT(東京)
・2009 屋内の家 + 屋外の家(東京)
・2008 水戸の住宅
・2007 屋内と屋外の家(横浜)
・2006 アクリルの家(山梨)
・2005 LOVE HOUSE(横浜)
・2005 LOVE HOUSE & MOON
・2005 毛利邸(横浜)
・2004 湧水パビリオン(静岡)

展覧会 会場構成 家具プロダクト

・2019 春霞(会場構成)
・2013 Ku u so u(展覧会)
・2011 FOREST OF SKETCH
・2013 moon chair(家具)
・2011 ガラステーブル(家具)
・2011 tsumami(プロダクト)

WORKS OF SPEED STUDIO
1999-2004

・2004 保坂邸(山梨)
・2003 3階建ての集合住宅(神奈川)
・2002 茅ヶ崎の家(神奈川)
・2001 葉山の別荘(神奈川)

くねくねハウス

kunekune
所在地:東京都世田谷区 用途:絵本作家のアトリエ付き住居 構造:木造 規模:106m2

kunekune

kunekune

kunekunehouse

kunekunehouse

kunekune

kunekunehouse

kunekune

kunekune

kunekune

kunekunehouse

kunekunehouse

絵本作家の住宅を、等々力の長い敷地に計画した。 敷地の長さは、20メートルあります。 敷地の北と南には2階建ての住宅が接近して建ち、 道路を隔て東に3階建てのマンションが建っている。 道路から見て最も奥側(南西側)は、比較的抜けがあり緑も豊かな環境。 この長さ20メートルの長い敷地に、くねくねした建築を計画した。くねくねハウスは「くねくねギャラリー」でもあり「くねくねアトリエ」でもある。 ほんのちょっとだけ「くねくね」していることは、家全体で見ても、ある一部分を見ても効いていて、 ささやかな特徴だが、明快な特徴でもある。 窓のある壁と、窓のない壁が、敷地の長さ方向に、リズミカルにくねくねと折れながら奥へ奥へと続き、 窓のない壁は、絵をかざる壁面とし、絵本作家の絵をかざる独特なギャラリー空間となる。 1階は、道路側から絵本作家のアトリエ、ママのアトリエ、子供室、一番奥に寝室。 どの部屋も、ギャラリーに面したアトリエのような感じで、子供室もある意味アトリエのようなイメージ。 2階は、リビング、ダイニング、キッチンと西側に広いテラスがあり、その向うに緑や空が見える。 ご家族全員が、家で絵を描いたり、ものをつくったり、本を読んだりすることが日常である絵本作家の家を、家であり、アトリエであり、ギャラリーでもあるような建築として考えた。



・Photo:Koji Fujii Nacasa&Partners Inc
・構造:なわけんジム 名和研二
・施工:泰進建設


作品集にもどる