top

PUBLIC ARCHTECTURE

・2016 ナボタス避難ビル(フィリピン)
・2014 湘南キリスト教会(神奈川)
・2013 LAPIN(山梨)
・2010 代々木のオフィスビル(東京)
・2009 ほうとう不動(山梨)
・2010 本郷台チャーチスクール 保育園

PRIVATE HOUSE

・2019 LOVE2 HOUSE(東京)
・2017 小机の家(横浜)
・2016 バルコニーハウス(東京)
・2014 名古屋のコートハウス(名古屋)
・2014 HOUSE 119(神奈川)
・2014 スパイダーハウス(神奈川)
・2014 くねくねハウス(東京)
・2013 LAPIN(山梨)
・2012 屏風ヶ浦の家(横浜)
・2011 DAYLIGHT HOUSE(横浜)
・2011 川口邸(山梨)
・2010 ROOM ROOM(東京)
・2010 INSIDE OUT(東京)
・2009 屋内の家 + 屋外の家(東京)
・2008 水戸の住宅
・2007 屋内と屋外の家(横浜)
・2006 アクリルの家(山梨)
・2005 LOVE HOUSE(横浜)
・2005 LOVE HOUSE & MOON
・2005 毛利邸(横浜)
・2004 湧水パビリオン(静岡)

展覧会 会場構成 家具プロダクト

・2019 春霞(会場構成)
・2013 Ku u so u(展覧会)
・2011 FOREST OF SKETCH
・2013 moon chair(家具)
・2011 ガラステーブル(家具)
・2011 tsumami(プロダクト)

WORKS OF SPEED STUDIO
1999-2004

・2004 保坂邸(山梨)
・2003 3階建ての集合住宅(神奈川)
・2002 茅ヶ崎の家(神奈川)
・2001 葉山の別荘(神奈川)

湘南キリスト教会

shonan
所在地:神奈川県藤沢市辻堂東海岸2-12-36、構造:鉄筋コンクリート造 規模:176m2
用途:キリスト教会(日本福音キリスト教連合)
*見学希望の方は教会にアポイントを取って下さい。→湘南キリスト教会 web

shonan

shonan

shonan

shonan

shonan

shonan

shonan

shonan

shonan

shonan

shonan

shonan christ church

shonan christ dhurch

shonan christ dhurch

shonan christ dhurch

shonan christ dhurch
shonan christ dhurch

湘南の海から徒歩10分程の緑豊かな住宅地に建つプロテスタントの教会である.築50年の古い教会堂が手狭になり,新しい土地に計画することとなった.教会の皆さんの思いは「神を賛美するに相応しい礼拝堂をつくりたい」ということであった.礼拝では,聖書のことばを読み,聞く.
建築の構成としては,低層の住宅地域に調和するよう高さを抑えた平屋とし,6枚の曲面屋根がさまざまな高さにかかり,屋根と屋根の間から自然光が豊かに降り注ぐ,祈りと礼拝に相応しい空間を目指した.6枚の屋根は,聖書の創世記天地創造の1日目から6日目を表し,礼拝が7日目を表すというメッセージも込めている.
直射光と天空光を時間帯で操る礼拝の時間帯は直射光は相応しくない一方,礼拝以外の時間帯は直射光も相応しいと考え,この建築では礼拝の時間帯(日曜午前10:30-12:00)は天空光の空間,その他の時間帯に直射光が入るようにしようと考えた.そのため12カ月の代表日を30分刻みで光のシミュレーションを行い,直射光と天空光を時間帯で操った.これにより,礼拝の時間帯は1年を通じてやわらかな天空光の空間となる.礼拝が終わる時間に近づくと直射光が壁面に光線を描き始める.午後になると直射 光が一筋の状態になり,3時頃には直射光がシャワーのごとく注ぐ状態になり,ダイナミックに表情が変化していく.
礼拝堂の鉄筋コンクリート打ち放しの壁面に凹凸の縦リブをランダムなリズムで刻み,リブ間にダークグレー色の吸音材を入れた.牧師さんの説教と聖書朗読の聞きやすさは凹部の吸音材により確保し,賛美歌等の教会音楽の響きは鉄筋コンクリート凸面により確保することで,相反する要件を程よくバランスさせた.また光に対して,ダークグレーな凹面とのコントラストにより,凸面に差す直射光のライトグレーな明るさが際立つようにした.現代の教会堂建築では,聖書朗読ができる明るい空間が必要とされる中で,ダークな空間に直射光が差すような光の状態を,ダークではない明るい空間で実現したいと考えた.
湘南の空の下で,やわらなか天空光の空間で礼拝に参加し聖書のことばを読み聞きし,午後のダイナミックな直射光の空間でひと時の祈りの時間を持つ.このような時間と空間が,地域の自然や風景と調和し,人びとに愛される教会堂建築となっていくことを願っている.



・Photo:Koji Fujii Nacasa&Partners Inc
・構造:アラップ 与那嶺仁志 後藤一真
・光環境:アラップ 萩原克奈恵
・音響:永田音響 箱崎文子
・掲載:新建築 2014年9月号、彰国社 ディテール207 2016年1月号、中国 a+a 2014.12
    デンマーク Beton Concrete 2016.1、ドイツ AIT 2015.5、オランダ MARK 54 2015 Feb/Mar
    ドイツ DETAIL 2015.5、イギリス SPORTSWEAR INTERNATIONAL#264、ポルトガル trends no55
・受賞:神奈川建築コンクール優秀賞、日本建築家協会優秀建築選
    愛知建築士会 第8回建築コンクール テーマ 時間の建築 優秀賞


作品集にもどる